モバイル空間統計

近未来人数予測

日本全国の現在の数時間先の人数を予測する取り組みを実施中

過去から未来へ 過去から未来へ

わかること

モバイル空間統計のリアルタイム版と、corevo®のひとつである「時空間変数オンライン予測技術」を用いて、時系列データから時間と空間の影響を潜在的な構造としてモデリングし、その変動パターンを学習することにより、 250m ~500mメッシュ単位で、現在と数時間先の未来の人数を予測します。

POINT

  • 周期性のない人数の変動にも対応した予測が実現できます。
  • 広範囲のエリアでセンサ等の設備をあらたに設置する必要がなく、コストを抑えられます。

近未来人数予測の
未来提供パターン

  1. 1.画面上で予測結果を見える形でご提供

    大型スクリーンで表示

    大型スクリーンで表示

    タブレットで表示

    タブレットで表示

    サイネージで表示

    サイネージで表示

    ご利用例

    混雑緩和・周遊性向上

    混雑緩和・周遊性向上

    観光エリア・商業エリアの群衆流動をコントロールし地域経済の活性化に期待できます。

    例1)
    人が集まる場所・時間に応じたデジタル広告と連動した送迎サービス(送客)
    例2)
    観光地の混雑状況を参考に混雑を避けて快適に観光
    例3)
    移動需要に応じた 台数・ルートで移動手段を効率的に配車するデマンド交通システム
    人的リソース最適化

    人的リソース最適化

    人が集中するエリアに警備員を多く配置し事故・防犯対策の強化を図ることができます。

    例)
    近未来の人数分布に合わせた警備員の配置を動的に変更
    事故・災害対応

    事故・災害対応

    人数分布を考慮した避難誘導や救助隊の派遣の指示が可能になります。

    例)
    事故・災害規模に応じた救助隊の派遣と被災影響の把握
  2. 2.ビッグデータ×AIで
    新たな価値を生み出だせるように、データ形式でご提供

    • 近未来人数予測
      近未来人数予測
    • 多様なビッグデータ
      多様なビッグデータ
    • 需要予測
      需要予測

人の流れが分かる“近未来人数予測”により
さまざまな分野で、ご活用いただけるように取組んでいます。

COREVO
  • 「corevo®」 は日本電信電話株式会社の商標です。
    (http://www.ntt.co.jp/corevo/)
  • 「近未来人数予測」「AI タクシー」は、株式会社NTTドコモの商標または登録商標です。