モバイル空間統計

OD分析(日本人)

わかること

ある時間幅の中で、どこ(出発エリア:Origin)からどこ(到着エリア:Destination)へ何人移動したかを推計できます。エリア内に「滞留する人口」と、エリア間を「流動する人口」を明確に判定し、分析することも可能です。サービス対象は日本国内全域となっており、エリアは任意(最小1kmメッシュ相当)の単位をシェープファイル(※1)で指定し、推計します。

※1:地理情報システム(GIS)のデータフォーマットの1つ。図形情報と属性情報をもった地図データが集まったファイルで、業界標準として活用されています。

OD量(東京発) OD量(東京発)

OD量(東京発)

OD量(大阪発) OD量(大阪発)

OD量(大阪発)

OD量(福岡発) OD量(福岡発)

OD量(福岡発)

OD量(道央発) OD量(道央発)

OD量(道央発)

より専門的な情報を見る

調査スペック

対象エリア

対象エリア

国内全域の下記のエリア・メッシュサイズで調査可能です。
(都道府県 / 市区町村 / 1km)

判定方法

判定方法

基地局エリア間の距離がしきい値(1km)を超えた場合、移動と判定。しきい値(1km)を超えずに1時間以上いた場合、滞留と判定します。

居住国

年代・性別

十分なサンプル数が確保できる年齢層「15~79歳の男女」が対象で、性年代10歳階でのご提供が可能です。

オプションで性年代5歳階でのご提供も可能です。

居住エリア

居住エリア

居住エリアを市区町村・大字まで細分化して調査できます。

調査時間帯

調査時間帯

1日のOD量(3時台~翌2時台)が基本となります。

上記時間帯以外の調査も承っております。詳細はお問い合わせください。

調査期間

2015年10月以降でご指定いただけます。

納品フォーマット

お客様にて分析することを前提としたCSVデータ、BIツール用データ(Tableau)での納品から、レポート形式での納品まで幅広く対応いたします。

Tableau Readerは、こちらよりダウンロード(無料)いただけます。

CSVデータ

CSVデータ

BIツール用(Tableau)

BIツール用
(Tableau)

簡易レポート

簡易レポート

Tableau Readerは、こちらよりダウンロード(無料)いただけます。

活用例を見る

関連サービス