モバイル空間統計

観光客移動分析
(日本人)

わかること

観光が想定される移動(※)を観光客と見なし、統計処理を行います。宿泊と日帰りを判定したり、観光ルートを分析したりすることが可能です。

※ 観光が想定される移動の定義通勤・通学でない移動のうち「片道移動距離80km以上もしくは所要時間8時間以上」(足元及び隣接市区町村居住者を除く)の移動を観光客として、ビッグデータから抽出しています。

滞在日数(宿泊・日帰り)分析 滞在日数(宿泊・日帰り)分析

滞在日数(宿泊・日帰り)分析

滞在時間別分析 滞在時間別分析

滞在時間別分析

他観光地訪問分析 他観光地訪問分析

他観光地訪問分析

居住エリア別分析 居住エリア別分析

居住エリア別分析

より専門的な情報を見る

調査スペック

対象エリア

対象エリア

国内全域の下記のエリア・メッシュサイズで調査可能です。
(都道府県 / 市区町村 / 1km)

判定方法

判定方法

一定時間、調査地に滞在した観光客の動態を調査可能です。
都道府県・市区町村:2時間以上滞在
メッシュ:1時間単位以上滞在

居住国

年代・性別

十分なサンプル数が確保できる年齢層「15~79歳の男女」が対象で、性年代10歳階でのご提供が可能です。

オプションで性年代5歳階でのご提供も可能です。

居住エリア

居住エリア

居住エリアを市区町村・大字まで細分化して調査できます。

調査時間帯

調査時間帯

3つのパターンからお選びいただけます。

  1. 1.全日(0時台~23時台)
  2. 2.昼間帯(10時台~17時台)
  3. 3.夜間帯(2時台~4時台)

調査期間

2016年1月以降でご指定いただく1か月間となります。

オプションメニュー

日帰り・宿泊判定 「日帰り観光客人数※2」と「宿泊観光客人数※3」を調査
他都市訪問※1 出発してから帰着するまでの間に立ち寄ったエリアのエリア別観光客人数を調査
直前・直後 滞在地※1 調査地の直前、および直後に立ち寄ったエリアのエリア別観光客人数を調査
前・後 滞在地※1 出発地~調査地~帰着地までの、滞在地とルート別観光客人数を調査
経過日数

観光客が何日目に調査地に立ち寄ったのか、日数別訪日外国人数を調査。

例)1日目 1,000人 2日目 500人 3日目 300人

旅行日数

観光客の旅程別観光客人数を調査

例)日帰り 1,000人 1泊2日 500人 2泊3日 300人

※1調査地と同一の調査エリア粒度でのご提供となります。 例)調査地が市区町村の場合、立ち寄った「市区町村」別人数を調査

※2調査地に全日滞在している観光客数から、調査地に夜時間帯に滞在する観光客数を引いた人数

※3調査地に夜時間帯に滞在している人数

納品フォーマット

お客様にて分析することを前提としたCSVデータ、BIツール用データ(Tableau)での納品から、レポート形式での納品まで幅広く対応いたします。

Tableau Readerは、こちらよりダウンロード(無料)いただけます。

CSVデータ

CSVデータ

BIツール用(Tableau)

BIツール用
(Tableau)

簡易レポート

簡易レポート

Tableau Readerは、こちらよりダウンロード(無料)いただけます。

活用例を見る

関連サービス